いつまでも自分の歯で食事がしたいあなたへ

>

自己管理をきちんとして生活する事

自己管理は大切な事

皆さんは去年の今頃の事を話してと言われてすぐに思い出すことができますか?
これは極端な話ではありますが、毎日起きたことを日記に残している人は、体のケアも上手にできると言われています。
皆さんが最後に歯の治療をしたのはいつかすぐわかるかと聞かれると、思い出せない人も多いでしょう。
歯医者には定期的に行くことをお勧めしています。
長く歯のメンテナンスを行っていないと、虫歯があったり歯周病になったりと、治療に時間がかかり定期的に歯医者に行く人よりも、結局多くお金がかかったりしてしまうのです。
そして体にかかる負担も少なくて済みます。
日記に歯医者に行ったことや、予定表に歯医者へ行った事をメモして、次に行く日を前もって決めておけば、意識しなくても、歯医者に行くことができやすいのです。
このように自分で自己管理ができる環境を作りましょう。

時間を決めて歯磨きをする

1日の中で家にいる時間が多い年金暮らしの方や専業主婦の方は特に、1日のスケジュールを自分で決めやすいため、決めていたスケジュールが少しずれたとしても違和感を持たない人が多いでしょう。
そんな時に家事の合間でなんとなく食べたものが結局昼ご飯となったと言う経験はございませんか?
そうなると歯磨きをつい忘れてしまうことも多々あると思います。
このような場合は歯磨きをする時間を決めてしまうのが一番なのかもしれません。
スケジュール的にこの時間は無理という日もあると思いますが、こうすると歯磨きをしようという意識が高くなるのは間違いありません。
歯磨きをする時間を何となく頭に入れておくだけで、だいぶ違ってくるのです。
歯磨きをつい忘れてしまいがちの形はこのように歯磨きをする時間を決めてみるのも良いかもしれません。


TOPへ戻る